Chaton の ひとりごと


欧州の田舎と路地裏歩きが大好きな、お気楽chatonの独り言。一人さまよった旅の記録。                 
by merci-voyage
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

GREECE 2009 ⑤ Santorini

2009年7月22日(水)


今日はサントリーニ イア滞在最後の日。
昨日のうちにストゥディオのオーナーさん宛に
チェックアウト時間の確認のメールを入れておいたのですが
返信はありませんでした。
まっ、まだ時間あるし荷物だけ整えておいて
イアの街を散策することに。

蒼に包まれた美しい朝。
c0269736_14111530.jpg

コテージタイプの高級ホテル。
まだ皆さんお休みのようです。
c0269736_14110962.jpg


イアの街にはワンコがたくさん。
この子も愛嬌振りまいてくれたよ。
おはよっ!
c0269736_14111895.jpg


朝のお散歩は気持ちいいね。
c0269736_14112332.jpg

扉の向こうはハネムーナー向けの特別空間。
こんなとこで人生のスタートなんて素敵すぎる。
c0269736_14113496.jpg


何度も見た風景をまた今日も。
c0269736_14114074.jpg

海の波紋で風の強さがわかるね。
一つだけじゃない海の蒼。
c0269736_14114484.jpg


ひときわカラフルなカフェで、
c0269736_14114994.jpg
朝のお茶タイム。
ああ、終わりにしたくない
優雅なサントリーニ時間。

c0269736_14115486.jpg


いつもの場所へ。
この場所のすぐそばには小さなおじいさんがいつも座っています。
小さな入れ物を前に置いてちょこんと座っているのです。
chatonは日課のように毎朝1ユーロを小さな入れ物の中に。
おじいちゃんの笑顔は全然卑屈じゃなくてとってもかわいい。
街の人たちとも普通に会話してます。
おじいちゃんの頭には使いこまれた船乗りさんの帽子。
若いころは船乗りさんだったのでしょうね。
入れ物がいっぱいになってるの見たことないけど、
幸せだったらいいな。

c0269736_14115836.jpg


今日も水平線のラインがくっきり。
c0269736_14120309.jpg

光と影のコントラストも濃い濃いです。
あつくなりそ~。
c0269736_14120872.jpg

今日はいつもと違うお客さま。
君にも美しさがわかるのね。
c0269736_14121272.jpg


近くにいたアメリカ人観光客が一言。
「DIVE!」
c0269736_14121688.jpg


絶妙バランス感覚。
c0269736_14122043.jpg


お仲間もやってきて、美しい風景を堪能中。
c0269736_14122551.jpg


凛々しいね~。
c0269736_14122850.jpg


とはいうものの、やっぱり猫派。
愛くるしくてたまらん。
c0269736_14123253.jpg


可愛いドンキーもやってきました。
c0269736_14123721.jpg

ドンキーの馬具?も青と白。
サントリーニの色。
c0269736_14124398.jpg


港へ向かったのかと思っていたらこんなところに。
c0269736_14124984.jpg


ねっ、ドンキーが笑ってる!よね!
c0269736_14125389.jpg


ドンキーの笑顔と吹き抜ける風。
幸せがいっぱい。
c0269736_14125841.jpg


お気に入りのカフェでまたまた休憩。
ここからの風景大好きだった。
c0269736_14130169.jpg


今日も暑さがどんどん増して、
蒼の濃さがすごいことに。
c0269736_14130691.jpg


この子にもよく会ったね。
c0269736_14131087.jpg

 
夕日の見える素敵なホテル、
最後のサントリーニか、イアにもう一泊したいぁ。
素敵なフロントマンに尋ねるとお部屋は空いてるって。
お部屋代は300ユーロ。(4日分の宿泊費より高いじゃん)
空港までのトランスファーは25ユーロ。悩む。

c0269736_14131454.jpg


この美しいイアから離れたくない。。。
c0269736_14131862.jpg


風に吹かれて考える・・・。
やっぱり、贅沢だよね。
c0269736_14132207.jpg

イア延泊をあきらめて、お宿でチェックアウト待ち。
おじさんの携帯に電話したら
今空港に来てるから12:30には戻るから待っててって。
おじさんのお父さんらしき人が
ニコニコ笑ってフロントのドアを開けてくれたけど
英語が全く通じずニコニコが行ったり来たり。^^;
時間より遅れて到着したおじさんが
どこでも好きなとこまで乗っけて行ってくれるって。
フィラのホテルの名を告げると
どこかに電話して場所の確認をしてくれました。
(下見は不要でしたね。でも、帰りの車は予定に入ってなかった。
思いもかけない、おじさんの好意です。)
おじさんのバンに乗り込み、開け放った窓から吹き込んでくる
サントリーニの風を思い切り吸い込みました。

全くベタベタなんてしない距離感があるのに
とってもあったかかったおじさん一家。
いつも目が優しく笑っていました。

おじさんに見送られフィラのホテルに1泊。
チェックインを済ませ案内された部屋は
2階のある広い部屋。
だけど何だかしっくりこない。
でっかい蚊が出没するようで無残な姿につぶされた残骸が
壁のあちこちに…テンション下がりっぱなし。
ごった返すフィラを後にまたバスに乗って
イアに戻ってきてしまいました。


和ませてくれた彼はアクセサリーやさんのお姉さんのワンコでした。
c0269736_14132755.jpg


海を見ながらお昼ごはん。
ああ、イアはいいね。
最終日にお宿を移動したことで
無駄な時間が生じてしまったけどこれも経験。
おじさんのとこも人気で延泊は無理だったし、
高級ホテルは身分不相応。
仕方ないね。
chatonはやっぱ繁華街向きじゃないんだね。
のんびりしたとこでないと癒されない。

ギリシャ名物”ムサカ”と”タラモサラタ”
どちらも日本人の口に合う合う!

c0269736_14133352.jpg
デザートはてんこ盛りの
バニラアイス。
テーブルクロスはサントリーニ島の青い地図。
c0269736_14140770.jpg

お気に入りの場所で読書。
最後の夜は夕日を見てからフィラに戻ることに。
c0269736_14133793.jpg


夕日にはまだ時間があるけど
確実に時間は夜に向かっています。
c0269736_14134331.jpg


いつの間にかアメリカ人の若者たちが集まってきて
酒盛りを始めました。
c0269736_14134871.jpg


一番奥に陣取っていたchatonは
完全に身動き不能。
c0269736_14135660.jpg


夕日の前の強い日差し。
c0269736_14140146.jpg



今日のクライマックスが始まりました。
今夜の夕日は飛び切りでっかい!!!
c0269736_14141454.jpg


バカチョンデジカメが恨めしいほど
美しい時間の始まり。
c0269736_14142168.jpg

ばか騒ぎをしていた若者たちも
いつの間にか言葉少なに・・・。

c0269736_14142455.jpg


c0269736_14143056.jpg


淡い光に包まれていきます。
c0269736_14143956.jpg


夕日に染まるサントリーニ
それぞれの胸にそれぞれの思い。。。
c0269736_14144527.jpg

太陽が沈むのは
本当にあっという間。
拍手喝さいの中、太陽とお別れ。
c0269736_09565158.jpg


ぽつりとついた明かりが
ショーの終わりを知らせてくれます。
c0269736_09582280.jpg


水平線に太陽の襞。
ああ、あこがれのサントリーニ。
c0269736_09582694.jpg

夢見心地のふわふわした気持ちと一緒に
フィラ行きのバスに乗り込みました。
満員のバスの乗客は余韻に包まれているかのように皆無口で、
漆喰の闇の中、目には見えない海を見つめているかのようでした。
バスは右へ左へと揺れながらフィラに到着。
途中のスーパーでお水とバナナを買い込んで、
宴に賑わう街を後に最後のお宿へと向かいました。

チェックイン時の嫌な予感はやはり当たっていて
このホテルとは相性が合いませんでした。
ホテルの宿泊客たちでしょうか、部屋の外で
若者たちが酔って大騒ぎをしているようでした。
さっさとベッドに入ったものの
深夜に部屋のドアを何度も何度もノックされました。
ドアはちゃっちいし、なんか怖い!
カーテン越しに外をのぞくと昼間いた
フロントのお兄さんが立っています。
アジア人に興味なしのお兄さんの
ナンパではないことは明らかですが、
こんな夜中に何の用?
部屋を変われとかそんな用?
こんな真夜中に急用?
無視を決め込んで身を縮めて様子をうかがいました。
ドアの外では若者たちの奇声が響いています。
ベッド横の壁に残った大きな蚊の残骸に
ますますみじめな気分になりました。

大騒ぎは明け方まで続き、
サントリーニ最後の夜は眠れない夜になりました。


[PR]
by merci-voyage | 2009-07-22 00:00 | 【′09 7月】ギリシャ・イタリア・仏 | Comments(0)

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラスト・文章を無断で使用することを禁じます。

最新の記事

NEW YORK FEB ..
at 2017-02-09 00:00
PRAGUE ④ SEP '13
at 2013-09-17 00:00
PRAGUE ③ SEP '13
at 2013-09-16 00:00
PRAGUE ② SEP '13
at 2013-09-15 00:00
PRAGUE ① SEP '13
at 2013-09-14 00:00
CROATIA '13 ⑧ ..
at 2013-09-12 00:01
CROATIA '13 ⑦ ..
at 2013-09-12 00:00
CROATIA '13 ⑥ ..
at 2013-09-11 01:00
CROATIA '13 ⑤ ..
at 2013-09-11 00:00
CROATIA '13 ④ ..
at 2013-09-10 00:00
CROATIA '13 ③ ..
at 2013-09-09 00:00
CROATIA '13 ② ..
at 2013-09-08 00:00
CROATIA '13 ① ..
at 2013-09-06 00:00
Belgium ④ Brus..
at 2013-08-02 00:00
Belgium ③ Brug..
at 2013-08-01 00:00
Belgium ② Brug..
at 2013-07-31 00:00
Belgium ① GENT..
at 2013-07-30 00:00
COTSWOLD ’13 ⑧..
at 2013-07-28 00:00
COTSWOLD ’13 ⑦..
at 2013-07-27 00:02
COTSWOLD ’13 ⑥..
at 2013-07-27 00:01